JAPANESE LANGUAGE COURCES
日本語コース                 
2012-01-12
日本語コースは国際交流基金(JF)の協力の下に、2012年度よりJF日本語教育スタンダードに準拠した日本語コースを開講しています。JF日本語教育スタンダードでは「相互理解のための日本語」を理念としています。相互理解のためには、日本語を使って何がどのようにできるかという「課題遂行能力」と、さまざまな文化に触れることで視野を広げ、他者の文化を理解し尊重できる「異文化理解能力」が必要とされています。ここで開講する全ての日本語コースでこの2つの能力が育成されるように教材と教え方を新しく工夫して授業を行っています。
 また、モンゴルにおける日本語教育の拠点として、JF日本語教育スタンダードの考え方と教え方の普及、日本語教師間ネットワークの拡充にも努めています。

総合日本語1 A1レベル   
日本語を初めて学ぶ人を対象とし、聴解、会話、読み書きの4技能をすべて学ぶ総合的なコース。JFS準拠教科書『まるごと入門<活動>』『まるごと入門<理解>』の2冊を使用する。
週3回、全42回、
Aクラス 15:30-17:30 月・水・金 32名
Bクラス 18:30-20:30 月・水・金 32名

総合日本語2  A2前半レベル
A1レベルの学習者を対象とし、A2前半レベルを目標とする。聴解、会話、読み書きの4技能をすべて学ぶ総合的なコースで、JFS準拠教科書『まるごと初級1<活動>』『まるごと初級1<理解>』の2冊を使用する。
週3回、全42回
Aクラス 15:30-17:30 月・水・金 32名
Bクラス 18:30-20:30 月・水・金 32名
  
総合日本語3  A2中間レベル
A2前半レベルの学習者を対象とし、A2中間レベルを目標とする。聴解、会話、読み書きの4技能をすべて学ぶ総合的なコースで、JFS準拠教科書『まるごと初級2<活動>』『まるごと初級2<理解>』の2冊を使用する。
週3回、全42回
18:30-20:30 月・水・金 16名

総合日本語4  A2後半~B1初めのレベル
A2後半レベルの学習者を対象とし、B1初めのレベルを目標とする。聴解、会話、読み書きの4技能をすべて学ぶ総合的なコースで、JFS準拠教科書『まるごと初中級』を使用する。
週2回、全29回
18:30-20:30 火・木 25名
 
総合日本語5  B1レベル中間
B1初めのレベルの学習者を対象とし、B1中間レベルを目標とする。B1レベルは実際の場面で自立して日本語を使うことができるレベルであり、できるだけ自然な状況で本物のコミュニケーションを行い、分からない言葉があっても自分の力で対処できるようなストラテジーの学習も重視されている。JFS準拠教科書『まるごと中級1』を使用する。
週2回、全27回     
18:30-20:30 火・木 16名

総合日本語6  B1レベル後半
B1中間のレベルの学習者を対象とし、B1後半レベルを目標とする。B1レベルは実際の場面で自立して日本語を使うことができるレベルであり、できるだけ自然な状況で本物のコミュニケーションを行い、分からない言葉があっても自分の力で対処できるようなストラテジーの学習も重視されている。JFS準拠教科書『まるごと中級2』を使用する。
週2回、全27回     
18:30-20:30 火・木 16名

⑦日本語教育講座 B2~C1レベル  
日本語教師志望者および日本語教師を対象とし、日本語教育の基礎的な知識を演習形式で 
学ぶ。 
週1回、全10回
火 15名(5名) 


JLPT体験講座
・N1 火・木 全10回 16:00-18:00 16名

・N2 火・木 全10回 16:00-18:00 32名

・N3 火・木 全10回 16:00-18:00 32名
2018-04-05
2018-02-12