情報
世界選手権の団体戦予選が終了
2017-09-08

 



  ハンガリーの首都ブダペストで柔道競技の世界選手権の団体戦予選で、モンゴルチームが敗退しました。

           モンゴルチームはAグループの第一ラウンドで勝利し、第二ラウンドでドイツのチームと対戦し、42で敗れました。モンゴルチームは57キロ級のD.Sumiya70キロ超級のB.Munkhtuyaが勝利したものの、女子の70キロ級Ts.Naranjargal、男子の73キロ級G.Odbayar90キロ級G.Altanbagana90キロ超級O.Duurenbayarらが敗れました。

                今回の大会より、新たなルールで行われている世界選手権団体戦に21か国が参加しました。今年から女子3名(57キロ級、70キロ級、70キロ超級)、男子3名(73キロ級、90キロ級、90キロ超級)の混合チームになっています。

                モンゴルの柔道チームは過去の世界選手権において、男子は2015年に銅メダル、女子は2014年に銀メダル、2007年に銅メダルを獲得していました。


出典:https://www.news.mn