OTHER
モンゴル人医師が発明した医療用手術器具が世界知的所有権機構の優秀賞を受賞
2018-02-14

世界知的所有権機関(WIPO)は2017年の国際的な発明に与えられる「ゴールド・メダル」賞をモンゴル国立第3中央病院の外科医Ts.ロチン医師の手による腹腔鏡手術器具等を優秀賞として授賞した。

Ts.ロチン医師は通常行われる開腹手術および腹腔鏡手術の際に最も頻繁に生ずる問題を解決するべく上述の手術の際に使用する器具のモデルを発明した。

この発明をモンゴルの知的財産登録局ならびに世界知的所有権機構の専門家たちが長期にわたり詳細に検査した結果、「革新的なテクノロジー」と評価し、授賞にいたった。

1986年以降現在に至るまでモンゴルではエンジニア分野の19人がこの栄えある賞を受賞していたが、特筆すべきは20人目となる今回は初めて医療・健康分野の医師が受賞したことである。

出典:http://ikon.mn/n/17lm