情報
モンゴルの寒さを表す素敵な詩
2018-02-22

日本では立春が過ぎ、モンゴルではツァガーン・サルも終わり、暦の上では春となり、少しずつ暖かくなってきました。

モンゴルの冬の寒さは格別です。今年の冬は-40度を超える寒い日がありました。

そんなモンゴルの寒さを表す、「ユスン・ユス」というステキな「詩」があります。

1222日から9日間を1期として、9期が過ぎると春が来る、つまり厳しい寒さである81日間が過ぎると冬が終わり、春が来ると言われています。

1番目のユス アルヒが凍る 1222日から1231日まで

2番目のユス 強いアルヒが凍る   11日から19日まで

3番目のユス 3歳の牛の角が凍る   110日から119日まで

4番目のユス 4歳の牛の角が凍る   1月20日から129日まで

5番目のユス 炊いたご飯が凍らない  1月30日から2月8日まで

6番目のユス 道が顔を出す      2月9日から2月17日まで

7番目のユス 丘の頂が見えてくる(雪が解けて丘の上の道が見えはじめる)218日から227日まで

8番目のユス 雪が解けて、道が解けた雪で“ベチャベチャ”になる   228日から3月8日まで

9番目のユス 徐々に、普通に温かくなる 3月9日~

若いモンゴルの人たちも「今は“7番目のユス”だね」といった会話がされています。

いかにも文学的で、表現豊かなモンゴル語という言語だなと思います。

でも、3月から4月にかけても、モンゴルは本当に厳しい春の寒さなんですけどね。

2018-04-05
2018-02-12