情報
“日本の「ひなまつり」をモンゴルで”
2018-03-06

201833日(土曜日)、モンゴル日本人材開発センターにて、「ひなまつり」をテーマに「文化日本語講座」を開催しました。当日は22人の参加者が集い、とても楽しい時間を過ごしました。女の子の健康と幸福を祈って行われる「ひなまつり」ですので、今回の講座の参加者は女の子限定で行われました。

講座では、日本でどのように「ひなまつり」をお祝いしているのかについての説明を行った後、「たのしいひなまつり」の歌をみんなで歌いました。その後、参加者は、手作りで「リボン」と折り紙を使って「ひな人形・ひな飾り」を作りました。「ひな人形」は、女の子が生まれた家で買いそろえられるものですが、将来、その子に降りかかってくるだろう災難や厄を身代わりになって受けてくれるものとされています。

続いて、参加者が楽しみにしていた「ひなまつりのお料理」をみんなで作りました。日本では、お祝い事には「お寿司」が欠かせません。しかし、今回はモンゴルの子供たちの味覚に合わせて「酢」は使わず、色どりも華やかで豪華な「ライスケーキ」を作り、「ひなまつり」にふさわしいご馳走ができました。

 そして最後は、モンゴル日本センター1階のロビーに飾られている「ひな飾り」の前で、みんなで記念写真を撮りました。

 次回は「端午の節句/子どもの日(男の子が元気に育つことを願う行事)」の文化日本語講座の実施を予定しています。ぜひ、皆さま、ご参加ください!

2018-04-05
2018-02-12