日本留学説明会
日本留学フェア2017が大盛況のうちに開催されました

 2017年10月7日(土)・8日(日)の2日間、モンゴル日本人材開発センターにて「日本留学フェア2017(以下「留学フェア」)」が開催されました。今年は日本より12の大学・団体が参加し、会場は日本留学に関心のある若者を中心に昨年度を超える参加者(1330名、資料配布べース)が訪れ、大盛況となりました。

                                                            開会式の様子

今年の留学フェアは、在モンゴル日本国大使館、日本学生支援機構(JASSO)、当センターの共催で開催されました。日本からの参加は、12大学・団体(以下参照)ととなりました。106日(金)には、留学フェア前日の行事として、参加大学・団体の要望に応じ、ウランバートル市内の教育機関訪問を行い、モンゴル国立大学や科学技術大学、新モンゴル高校など計8か所を訪問しました。

留学フェアの開会式では在モンゴル日本国大使館・高岡正人特命全権大使、モンゴル教育文化科学スポーツ省・ビャンバツォクト国際プロジェクト・プログラム対外関係局長、モンゴル国立大学・オチルホヤグ学生担当副学長、日本帰国留学生会・ナサンビレグ会長よりご挨拶を頂きました。留学フェアのプログラムは、国費留学制度説明(在モンゴル日本国大使館)、日本留学制度説明(JASSO)、日本からの帰国留学生による報告会、大学紹介プレゼンテーション(参加大学・団体)、ブースでの個別相談(参加大学・団体)で構成されました。

 フェア参加者からは「多くの必要な情報を一度に手に入れることができた」、「来年も是非実施してほしい」、「日本に留学するために言葉を学ぼうという意欲が強くなった」 といった声が寄せられました。参加大学・団体からは、「モンゴルは他国に比べ日本留学に非常に熱心な参加者が多いことが特徴。日本語はもとより英語を話すことのできる人材も多く、日本留学への見込みが高い。またこれまでは経済・ビジネス分野への関心が高いようだったが、理工系分野ならびに医学や法学を日本で学びたいという関心も高まっているようだ」との意見が出されました。これは、モンゴルで英語教育に重点を置く中学・高校が増えていること、モンゴル政府が理工系人材の育成をより重視する方針を打ち出していることとも関係があると思われます。そして、受入大学側としても、英語による学位取得体制や多様化するニーズ・関心に対応した大学プログラムの整備をより一層進めていく必要があるとの意見も出されました。                                                          大学紹介ブースの様子                                                       大学紹介ブースの様子

 一足早い冬の到来で最高気温が-1℃、雪がちらつくなかの開催となりましたが、それにもかかわらずたくさんの方々に来場いただき、留学フェアを成功裏に終了することができました。今後、来場者及び参加校・団体のアンケート結果を集計し、次回の留学フェアの運営に活かしていきたいと思います。                                          参加大学からの説明に熱心に聞き入る来場者

 

 

 当センターとしては、この留学フェアで生まれた参加大学・団体とモンゴル学生の「縁」を通じ、より多くの日本留学が実現するよう、心から願っております。

参加大学・団体(50音順):朝日大学、大阪観光大学、大阪大学、慶応義塾大学、国際大学、事業創造大学院大学、静岡大学・静岡県、芝浦工業大学、中央大学、東海大学、東洋大学、立命館アジア太平洋大学


「日本留学フェア2016」

 モンゴル・日本人材開発センターは2009年から毎年10月上旬に日本留学フェアを行っています。第7回目になる今年の日本留学フェアには、立命館アジア太平洋大学、古屋大学、慶應義塾大学、九州大学、東海大学、横浜国立大学、事業創造大学院大学、富山大学、国際大学、星城大学、北海道大学、静岡県、中央大学、芝浦工業大学、高知大学、京都工芸繊維大学、以上16校が参加しました。また、来場者はモンゴルの大学生、高校生を中心に延べ1980人にのぼりました。

日本留学フェアの開催に当たり、後援・協力頂いた独立行政法人国際協力機構(JICA)、在モンゴル日本国大使館、日本学生支援機構(JASSO)、モンゴル帰国留学生会(JUGAMO)、及びモンゴル国立大学の皆様方に心よりお礼を申し上げます。


主催者:     在モンゴル日本国大使館、日本学生支援機構
共催:     モンゴル・日本人材開発センター、モンゴル日本帰国留学生会
内容:     日本留学概説説明、日本国政府奨学金留学生制度、国費留学制度試験対策法、日本センターを利用した留学情報の収集、帰国留学生体験談、帰国留学生成果発表会、日本留学Q&A
対象者:     日本留学希望者

詳しい情報はモンゴル・日本センター図書室にて入手できます。


第5回日本留学説明会・フェア2014」無事に終了

 2014年10月11日(土)、12日(日)の2日間にわたりモンゴル日本センターを会場として、JASSO・在モンゴル日本国大使館・JUGAMO主催の「日本留学説明会」ならびに、モンゴル・日本センター.・JICA・モンゴル国立大学主催の「日本留学フェア」が実施された。
 10月11日(土)、モンゴル日本センターのダワードルジ所長による司会のもと、午前10時からは在モンゴル日本大使館・林伸一郎臨時代理大使によるオープニング、モンゴル国教育科学省対外関係部トヤ部長、JUGAMO(日本留学生同窓会)・ナサンビレグ事務局長にそれぞれご挨拶いただいた。
  午前10時半から~午後1時まで、1回目の「日本留学説明会(※)」が多目的室(211席)で行われ、部屋に入りきれない参加者のためにロビーに設置されたスクリーンには、多目的室の説明会の様子も放映された。
 個別相談を希望する参加者が多かったため、2階セミナー室で13時から行う予定だった個別相談ブースの開始を少し早め、12時半頃とした。ここでは、会場のスペースの都合により、人数を制限しながらセミナー室へ案内した。多目的室では、午後1時から日本から参加した9大学による各大学の紹介プレゼンテーションが実施され、並行で個別相談の受付も行われた。午後3時からは、2回目の「留学説明会」も実施された(内容は午前と同じ)。
 ロビーでは、センター日本語課によって編集されたラジオ日本語教科書やCDの販売コーナーと、JDS(留学生受け入れ事業)資料案内コーナーが設けられた。
 10月12日(日)は、午前11時~午後5時半まで、多目的室で、各参加大学と在モンゴル日本大使館・JASSO・JUGAMOによる個別相談が実施され、並行して午前11時から午後1時まで、1階ロビーで各大学紹介プレゼンテーションも実施された。
 来場者数については、配布資料の状況から10月11日は748名、12日は371名で、合計1,119名だったと思われる(※※)。このうち、アンケートの回答は2日間の合計で858集まり、回収率は77%だった。なお今年は、土曜日に参加し、日曜日には個別相談に足を運んだ参加者がかなり多かったので、2日間とも来場した参加者は初日だけしか配布資料を受け取らないことを考えると、説明会・フェアへの参加者の延べ人数は、1,119名を上回るのではないかと推察される。
 例年、日曜日は土曜日より来場者が減っているという現状や、加えて今年はセンター正門が工事のため閉じられているため来場者がかなり減少すると予想されていたが、土日ともに冷え込みが厳しかったにもかかわらず、子ども連れの来場者をはじめ、生徒たちを連れた高校の先生などを含む多くの参加者に恵まれた。
 今年の留学説明会・フェアでこのような多くの方々に参加いただけたことは、関係者の方々のご尽力とともに、モンゴルの若者のなかで日本留学への希望者が増加していること、さらには事前の広報活動がよい成果を上げたことによると思われる。
※具体的には、国費留学制度説明、日本政府奨学金試験の説明、日本政府奨学金説明、国費留学試験対策、帰国留学体験談・成果発表、日本留学Q&Aについて説明した。
※※センター入口に備付のカウンターでは、11日が1232名、12日が692名と記録されている。

なお、この場を借りて、日本から参加してくださった9大学の代表者をはじめ、JASSO、日本大使館からの代表者及びモンゴルの関係機関、また日本の参加大学の要望に応じて面談をしてくださったモンゴル国教育科学省、訪問対象の大学や私立学校の皆様にも心より感謝を申し上げます。
また、貴重な時間を割いて、参加していただいた全参加者の皆様にもここに厚く御礼申し上げます。
今後ともセンター主催のイベントや活動に是非ご参加ください。
スタッフ一同、お待ちしております。

--------------------------------------------------------------------------------
■主催: モンゴル日本人材開発センター(MOJC)
■共催: 国際協力機構(JICA)、モンゴル国立大学(NUM)
■後援/協力: モンゴル教育科学省、在モンゴル日本国大使館、日本学生支援機構(JASSO)、日本国際協力センター(JICE)、モンゴル日本帰国留学生協会(JUGAMO)、モンゴル日本語教師会
■開催場所 :モンゴル日本人材開発センター
■開催日時 :2014年10月11日(土)~12日(日)
■対象者: 
モンゴル側: 日本留学希望の高校生・大学生・大学院生・社会人、教育機関・国際交流担当者など
日本側:     各大学の国際連携部・留学生課・国際交流担当者等
■参加大学: 
①秋田大学    ②大阪大学       ③国際大学        ④京都大学  ⑤信州大学 
⑥名古屋大学   ⑦横浜国立大学  ⑧立命館APU大学 ⑨早稲田大学(アイウエオ順 計9校)

2010年~2014年度モンゴル・日本センター主催「日本留学フェア」参加大学リンク

1.    AKITA UNIVERSITY- http://www.akita-u.ac.jp/eng/index.html
2.    HIROSHIMA UNIVERSITY – http://www.hiroshima-u.ac.jp/index.html
3.    HOKKAIDO UNIVERSITY- http://www.oia.hokudai.ac.jp/
4.    INTERNATIOAL CHRISTIAN UNIVERSITY- http://www.icu.ac.jp/en/
5.    INTERNATIONAL UNIVERSITY OF JAPAN- http://www.iuj.ac.jp/
6.    KYUSHU UNIVERSITY - http://www.kyushu-u.ac.jp/english/index.php
7.    KEIO UNIVERSITY - http://www.keio.ac.jp/
8.    KOSEN Institute of National Colleges of Technology, Japan- 
       http://www.kosen-k.go.jp/english/
9.    KYOTO UNIVERSITY - http://www.kyoto-u.ac.jp/en
10.    MEIJI UNIVERSITY - http://www.meiji.ac.jp/cip/english/
11.    NIIGATA UNIVERSITY - http://www.niigata-u.ac.jp/index_e.html
12.    NAGOYA UNIVERSITY - http://en.nagoya-u.ac.jp/
13.    OSAKA UNIVERSITY - http://www.osaka-u.ac.jp/en/index.html
14.    OKAYAMA UNIVERSITY- http://www.okayama-u.ac.jp/index_e.html
15.    OSAKA KYOIKU UNIVERSITY- http://osaka-kyoiku.ac.jp/en/index.html
16.    RITSUMEIKAN UNIVERSITY- http://www.ritsumei.ac.jp/eng/
17.    RITSUMEIKAN ASIA PACIFIC UNIVERSITY- 
        http://www.apu.ac.jp/home/?version=english
18.    SHINSHU UNIVERSITY - http://www.shinshu-u.ac.jp/english/
19.    SHIMANE UNIVERSITY - http://www.shimane-u.ac.jp/
20.    TOYAMA UNIVERSITY - http://www.u-toyama.ac.jp/en/
21.    TOKAI  UNIVERSITY - http://www.u-tokai.ac.jp/international/index.html
22.    TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE – http://www.tus.ac.jp/en/
23.    WASEDA UNIVERSITY - http://www.waseda.jp/top/en
24.    YAMAGUCHI UNIVERSITY - http://www.yamaguchi-u.ac.jp/english.html
25.    YOKOHAMA NATIONAL UNIVERSITY -http://www.ynu.ac.jp/english/index.html



                                        日本留学フェア2012速報

  2012年10月6日と7日の二日間に渡り、JASSO・日本大使館主催による日本留学セミナーとモンゴル日本センター主催による日本留学フェアをモンゴル日本センターにて開催した。 10月6日の10:00~17:00、多目的室(200席)で日本留学セミナー(留学概要、国費留学制度の概要説明、国費留学試験対策、体験談、質疑応答)を午前と午後の2回実施。同時に2階セミナー室(100席)で日本留学フェアのプログラムとして12大学のプレゼンテーションを午前と午後の2回実施。 10月7日は10:00~16:30、多目的室にて12大学による個別相談を実施。ロビーにはJASSOとJUGAMO(日本留学生同窓会)による相談ブースを設置して、留学全般に関する相談を受けた。
 来訪者については、配布資料の数で確認をとった限り、10月6日は707部、7日は363部、この内アンケート回答数は、6日が439(62%)、7日が304(81%)、親子で来られる場合もあり、来訪者の実数はこれを上回っている。
 モンゴルでは2009年までJASSO・日本大使館主催による日本留学セミナーのみが開催されていた。2010年からの2年間は、日本留学セミナーと日本留学フェアを同日開催として、広報や案内・誘導を連携して別々の会場で開催してきた。しかし、昨年度は3.11の影響で日本留学セミナーへの参加者が激減(日本センター留学フェアは2010年490人、2011年512人)、それにともない国費留学試験の受験者も激減していた。 そのため今年は日本留学セミナーと日本留学フェアの連携を強化し共同開催とした結果、2日間の来訪者は1,070人と昨年度を上回った。(佐藤信吾調整員)