センターのご紹介

モンゴル・日本人材開発センターのご紹介

<概要>

モンゴル・日本人材開発センター(略称:日本センター)は、モンゴルの市場経済化促進に貢献する人材の育成と、モンゴルと日本の相互理解促進を目的として、日本政府の政府開発援助(ODA)により建設され、20026月に開所しました。開所以来10年間にわたりJICAの支援により運営されてきましたが、20124月にモンゴル国立大学の付属機関となり、JICAと国際交流基金(JF)の支援を受けつつ、運営されています。20164月に開所以来累計来館者数200万人を達成し、2017年には開所15周年を迎えました。

<事業>

ビジネス人材育成(ビジネスコース、コンピューターコース)、日本語教育、相互理解促進をメインに活動しており、さらに、これまでに築いたネットワークを活かし、日本・モンゴル間のビジネス交流の橋渡しにも力を入れています。

<特徴>

日本センターには、以下の三つの特徴があります。

●モンゴルにおいて知名度の高い信頼されている機関

ウランバートル市の中心部に位置し、開所以来累計来館者数200万人に代表されるように、モンゴルにおいて知名度の高い機関です。また、日本政府(JICAJF)の支援を受けて、質の高いサービスを提供していますので、モンゴルの方々から信頼されている機関です。

●日本語でのサービス提供

日本センターには、常時、日本人のJICA専門家とJF専門家が併せて5名勤務しています。さらに、所長以下、約30名のモンゴル人職員の多くが日本語を解しますので、各種サービスを日本語でご提供することが可能です。

独立採算運営

日本センターは、その事業による収入により、原則「独立採算」で運営されています。


<設立及び発展の経緯>

2002122

JICA技術協力プロジェクト第1フェーズ開始

2002 14

日本政府はプロジェクトの開始にあわせ、無償資金協力により、センターの活動に必要な施設を建設(総工費4.43億円、7,000m2、総床面積1,520m)

2002621

秋篠宮殿下・妃殿下ご臨席の下、センター開所式を挙行

2007122

JICA技術協力プロジェクト第2フェーズ開始

2007716

皇太子殿下ご臨席の下、センター開所5周年記念式典を挙行

200973

開所以来累計来館者100万人を達成

2012122

JICA技術協力・ビジネス人材育成プロジェクトを開始

201241

独立行政法人国際交流基金(JF)によるJF講座開始

2012413

モンゴル国立大学独立採算ユニット化

2012621

開所10周年記念式典を挙行

2015422

JICA技術協力・モンゴル日本人材開発センタービジネス人材育成・交流拠点機能強化プロジェクト開始

201641

開所以来累計来館者数200万人を達成

2017621

開所15周年記念式典を挙行

<日本センターの施設>

日本センターには、その事業に利用するため、ロビー、セミナー室(5室)、パソコンルーム、図書室等があります。図書室を除き、センター事業に使用していない場合は、有料で施設の貸し出しも行っています(詳しくは、「会場利用のご案内」をご覧ください。