相互理解
人材ネットワーク支援

日本政府が実施している発展途上国への支援は「政府開発援助(ODA)」と呼びます。
モンゴル国における日本のODAは1977 - 1979年の「ゴビ(GOBI)」カシミヤ工場建設に始まり、今ではモンゴルの最大援助国になっています。
 
特徴: 様々なイベント(国際シンポジウム、公開セミナー、TV会議システムによる国際セミナー等)の実施しは可能です。

目的:    モンゴルと日本のNGO・NPO機関が実施するイベントやセミナー等に対して会場貸出しを行い、成功裏に実施するイベントを通して相互理解を促進させる。

対象機関:    モンゴル日本共催事業を行っているNGO・NPO機関、在モンゴル日本国大使館、JICA、モンゴル国立大学
                                                                                                                                       
 
 
                                 生花のイベント                                                「Darhadin温地帯生物総合調査」
                                                                                                          10年間の総合報告会
  • 「婚礼衣裳に見る日本の着物文化」
    •   9月12日(土)にモンゴル・日本人材開発センター来館者100万人達成記念事業「婚礼衣裳に見る日本の着物文化」が行われ、150人位の方が来場されま した。このイベントには日本から山野流着装着物着付師の藤島慧子(ふじしまけいこ)先生、竹原直子(たけはらなおこ)先生、石井由美恵(いしいゆみえ)先 生がいらっしゃいました。ご来賓として在モンゴル日本国大使館、城所卓雄特命全権大使もいらっしゃいました。開会時には、JICAモンゴル事務所の石田幸 男所長よりご挨拶がありました。イベントは4つのパートに分かれており、1つ目は、日本の民族衣装としての着物のご紹介、2つ目は婚礼デモンストレーショ ン、3つ目は一人で着る着物の実演、4つ目が帯結びの実演となっていました。最後に質疑応答あり、モデルを務めたスタッフの感想も聞くことができました。 以下にイベントでの解説を載せます。



      1.    日本の民族衣装としての着物:
            着物は筒型の胴衣であるのはモンゴルと同じですが、袖の形が変わっており、帯に特徴があります。現在の日本では日常生活で着物を着用している人はあまりお らず、伝統行事のときに民族衣装を着ます。日本人が初めに着物を着るのは「お宮参り」です。お宮参りとは、子どもが生まれて生後1ヶ月くらいに神社にお参 りする行事です。赤ちゃんが無事に生まれたことに感謝して、つつがない成長をお祈りします。家族で写真を撮ることもあります。次に「七五三」という儀式が あります。「七五三」では、男の子と女の子でお祝いする年齢が違います。男の子は5歳のとき、女の子は3歳と7歳の2回お祝いします。神社にお参りして、 子どもの成長を感謝し将来の幸福を祈念します。男の子は、このときから袴をつけて、大人と同じ着物になります。女の子は、「十三参り」といって13歳に なってから大人と同じ着物になる行事もありましたが、今ではする人が珍しくなっています。日本では20歳を迎えると、成人式が行なわれます。成人を祝って 地方ごとに盛大な式典が催されます。女性はほとんどが着物で出席するので、会場はとても華やかな様子となります。女性は「振袖」という袖の長い着物を着ま す。この袖の長い着物は独身の女性だけが着るもので若さの象徴になっています。男性はスーツの人もいますが、最近になって袴姿の男らしさが見直され、着物 で出席するひとも増えてきました。また、日本では大学の卒業式にも着物を着ることがあります。普通の着物と違って、袴をつけることが多くなっています。こ れは、昔の日本で学生は着物に袴姿で通学していた名残のようです。





      2.    婚礼デモンストレーション:
            日本人が1番豪華な着物を着るのが結婚式です。男性は黒紋服という衣裳で、大相撲で横綱が正式な場合に着る着物と同じものです。これが日本では一番格の高 い正式な衣裳です。女性は白無垢という着物を着ます。白無垢は武家(侍)の家に嫁ぐ花嫁の衣裳だったものです。古来日本では、白は太陽の光の色と考えら れ、神聖な色とされていたことから、平安朝以来、花嫁衣裳に純白が貴ばれるようになりました。頭には綿帽子というものを被りすっぽり頭を覆います。綿帽子 は1500年以降から武家女性の外出着として、小袖を頭から被って着られていた「被衣(かづき)=かぶりもの」が起源です。1600年以降になってから、 その形が変わり、綿で作られた綿帽子が若い女性に定着していきました。もともと外出するときの埃よけや防寒具として使われていました。ウェディングドレス のベールと同じように「結婚式がすむまで、花嫁は花婿以外の人に顔を見られないようにという考え方から、婚礼衣裳にも取り入れられるようになったと言われ ています。儀式の後は、たいてい多くの人を招いて披露パーティーを行ないます。そのとき、女性は色を使った華やかな打ち掛けに着替えます。儀式用には白、 パーティー用には色のある華やかなものを着るのが日本では一般的です。花嫁の髪型は文金高島田(ぶんきんたかしまだ)と言いますが、70年位前までは自分 の髪で結っていました。文金高島田に使うかんざしは、たいてい櫛も含めて6点がセットになっていますが、白無垢の時は、格の高い真珠のかんざしを合わせま す。色打掛のときは尾長(おなが)という長い髪をたらしたものでパーティーに華やかさを添えます。日本では、結婚式で着物を着た後は、なかなか民族衣装を 着る機会がありません。結婚式に招かれたとき、着物で出席することもあります。振袖は独身の人だけが着て、結婚している女性は、短い袖の着物を着ます。ま た、男性は結婚式に招かれても、たいていスーツで、着物を着ている人はあまりいません。


      3.    一人で着る着物の実演:
            着物は自分一人で着ることもできますが、着付けにはたくさんのものを使います。着物を着たときは履物も違い、草履を履きます。草履は、足の親指と人差し指 の間に紐がかかる形の履物なので、足袋という靴下のようなものもそれに合わせた形になっています。 4.帯結びの実演:日本の着物はモンゴルの民族衣装と違って、帯を結ぶのが大変ですが、1本の長い帯を結ぶことで、いろいろなバリエーションを持たせるこ とができます。男性の帯は女性に比べて細く、女性の今回の帯の幅は30cmで、長さは4mでした。帯には丸帯、袋帯、名古屋帯などいくつかの種類がありま す。モデルも進行も全員が日本センタースタッフと非常勤教師でした。花嫁モデルがサランザヤさん、花婿がガンエルデネさん、振袖がムングンソロンゴさん、 着流しがサインフーさんでした。司会は月川さんと吉池さんが担当し、通訳はムンフバラスガランが担当しました。今回のイベントは実演者やモデル、司会者、 みんなの協力と努力により無事に終えることができました。大勢の方々に来場していただきました。最後に、質疑応答があったり来場者はモデル達と一緒に写真 を撮ったりして楽しい一日を過ごしたようです。このようなイベントは日本でもあまり見られないので、これはとてもよい機会だったと思います。今後も文化交 流がさらに広がり、モンゴルと日本両国民間の相互理解がますます深まることを楽しみにしています。

          (非常勤スタッフ ムンフバヤサガラン)
  • モンゴル・日本センター5周年記念事業
    •     モンゴル・日本センターがモンゴルの市場経済化移行を支援する人材育成および日本とモンゴル両国の相互理解を促進する拠点として開所式が執り行 われた。2002年6月に行われた開所式及びモンゴル・日本センター設立5周年記念式典に日本のご来賓の皆様がご参加された。日本のご来賓の皆様が記念式 典お言葉の中でモンゴル・日本センターがモンゴルの一層の社会・経済発展にとって欠かすことのできない存在となることを期待すると強調されている。
        したがって、モンゴル・日本センター設立5周年記念碑お披露目として、エンフボルド首相と市橋日本大使両閣下により除幕式を執り行いましたが、エンフボル ド首相はご挨拶でも、モンゴルが安定した発展の新たな階段に入りつつあり、急速に発展する経済を作る大事なポイントが優秀な人材育成にあることに触れ、そ の中でモンゴル・日本センターが果たす役割も拡大すると言われた。
        記念碑設置場所は正面向かって右側部分の建物前庭とし、記念碑には記念文と国旗とセンターおよびJICAロゴが高さ180センチ幅50センチの板ガラスに 刻まれ、大きなニッケル製の柱に支えられて燦然と輝いています。ご来賓の皆様は紙芝居、IT折り紙、パソコン教室などの授業視察を拝見した。
  • 定期映画会
    • 目的: 在モンゴル日本国大使館と共催で日本の文化を紹介し、両国民の友好関係をより向上させるために毎月1本の映画を上映しています。


      特徴: 日本文化や日本語に興味を持つ人々向けに1本の映画をモンゴル語吹替版と字幕版で2回、無料で上映しています。

      対象者:  ー般市民
  • IT折り紙教室
    • 目的: 日本の文化の一つである折り紙を題材にIT の利益性を子供達に教え、インターネットを紹介するとともに、異文化体験をしてもらうことです。授業が終わったら紙芝居を聞かせ、日本ついて面白いことを知ってもらいます。

      特徴:    このIT折り紙教室はウランバートル市だけではなく地方でも実施しています。これまでにオルホン県、ダルハン県、南ゴビ県、ヘンテェイ県、ボルガン県、中央県、ドンドゴビ県、スフバートル県、フブスグル県、セレング県、ホブド県で実施しました。

      対象者:    中学校3年生から6年生
  • 市民講座
    • モンゴル・日本人材開発センターは設立以来、モンゴルと日本両国の相互理解促進事業を進めてきた。その一環として、市民講座を毎月行っている。 市民講座はモンゴルで活躍している日本人、モンゴル人専門家、教授などを講演者として招聘し、実施している。モンゴルの一般市民やモンゴル在住の日本人を 対象により広く、高い知識を提供することを目的とする。


      2010
      第46回                   2010年3月20日 
      「ビジネスの発想法と組織の活性化」
      講演者: モンゴル国外交・貿易省貿易投資政策アドバイザー、JICA専門家の松岡克武氏
      第45回                   2010年2月26日
      「日モ環境オアシス」
      講演者: 日モ環境オアシス 
      第44回                    2010年1月30日
      「モンゴル国内の川や湖の汚染問題」
      講演者: モンゴル国立大学生態学学部 植物研究科科長、水質研究センター長 
      N.ソニンヒシグ博士
       
      2009年度
      第42回                   2009年9月25日(金)             参加者数:78名
             「ウランバートル市の大気汚染問題」
             講演者:モンゴル国立大学地理-地質学部生態学博士Ch.ソノムダグワ氏
      第41回                   2009年6月20日(土)             参加者数:42名
             「プロジェクトを通して見たモンゴルの農牧業」
             講演者:「JICA複合農牧業経営モデル構築支援プロジェクト」
          チーフアドバイザー 木下博晶氏 
      第40回                   2009年5月23日(土)             参加者数:78名
             「風景つくりと地域コミュニティーの活性化の取り組み」
             講演者:「JICA湿原生態系保全と持続的利用の為の集水域管理モデル」
             プロジェクト業務調整/住民参加型自然環境保全専門家 佐藤信吾氏 
      第39回                   2009年4月4日(土)               参加者数:67名
             「モンゴルの伝統芸術・美学の発展、変容」
             講演者:「モンゴル芸術大学」博士課程、準教授 アルタンツェツェグ氏
       
      2008年度
      第38回                   2009年2月14日(土)           参加者数:53名
             「モンゴル国における野生動物の保護、その伝統改新」
             講演者:「動物保護基金」NGOの会長 ダムディンスレン氏
      第37回                   2008年1月24日(土)           参加者数:36名
             「モンゴル治療性岩石資源研究、伝統的ナノテクノロジー」
             ウランバートル大学の教授・化学博士プロフェッサー J.オユン氏
      第36回                   2008年12月20日(土)          参加者数:47名
             「モンゴルホーミーの由来、ホーミーの学習法」
             講演者:モンゴル文化芸術大学・ホーミーの教授 B.オドスレン氏
      第35回                   2008年11月29日(土)(金)    参加者数:49名
             「モンゴル文字の書道について」
             講演者:モンゴル文字書道家・研究家・教師 バットバヤル氏
      第34回                   2008年10月25日(土)          参加者数:43名
             「豊かなライフプランニング」
             講演者:ウランバートル大学家庭研究部部長、ライフプラン研究家 
             T.ナムジル博士 
      第33回                   2008年9月13日(土)            参加者数:60名
             「ストレスとは何か」
             講演者:「Setgeliin toli」センターの心理学研究者、国立大学の大学院生 
             B.ウーガンツェツェグ 
      第32回                   2008年6月18日(水)            参加者数:60名
             「モンゴル国における銅鉄器時代に関する考古学の新しい発見」
             講演者:D.エルデネバートル  
             ウランバートル私立大学社会研究学科科長 
      第31回                   2008年5月17日(土)            参加者数:100名
             「なぜ食事を薬のように取らないか」
             講演者:B.ゲレルマー 
           「VIP CLUB」NGO 会長、「Soyolj」健康的食事店専門家、 
             モンゴルレクチャー会会員 
      第30回                   2008年4月19日(土)            参加者数:60名
             「モンゴル国立中央図書館珍貴書籍資料館のご案内」
             講演者:アキム
          モンゴル通訳者組合会長、モンゴル国立中央図書館館長
       
      2007年度
      第29回                 2008年3月22日(土)             参加者数:60名
             「企業経営の基本と国家経済政策」
             講演者:松岡克武
         通産省、貿易投資政策アドバイザー、JICA専門家 
      第28回                 2008年2月27日(水)              参加者数:50名
             「シャマン及びシャマニズムの理念について」
             講演者:ブムオチル
         モンゴル国立大学、社会科学校の社会・文化人類学部教授 
      第27回                 2007年11月16日(土)           参加者数:60名
             「モンゴルにおけるジェンダー問題」
             講演者:エムガラン
         持続可能な発展のためのジェンダーセンター長 
      第26回                 2007年10月27日(土)           参加者数:58名
             「日本の電気事業の歴史」
             講演者:村岡貞夫
         JICAシニアボランティア 
      第25回                 2007年9月29日(土)             参加者数:60名
             「砂漠化とその原因」
             講演者:エルデネツォグト氏
             モンゴル国立農業大学・エコロジー技術発展大学長、生物学博士教授
      第24回                 2007年6月21(土)                参加者数:84名
             「モンゴルと日本の新しい友好関係を求めて-過去・現在・将来」
             講演者:ソドノム氏
         モンゴル・日本関係促進協会会長、元モンゴル首相 
      第23回                 2007年6月11(土)                参加者数:73名
             「武士道の精神とモンゴル人の価値観」
             講演者:トゥムルバートル氏
           日本・モンゴル文化文学センター長、モンゴル囲碁協会会長 
      第22回                 2007年5月19(土)                参加者数:72名
             「モンゴルの牧畜文化について」
             講演者:ドラム教授
           モンゴル国立大学・遊牧文明研究センター長、言語学博士 
      第21回                 2007年4月21(土)                参加者数:120名
             「ゴビ砂漠の珍しい恐竜の化石の数々について」
             講演者:バラスド氏
           学科アカデミー・古生物研究センター長 

       
      2006年度
      第20回                  2007年3月24(土)               参加者数:72名
             「モンゴルの考古学の最新事情」
             講演者:ツォグトバートル氏 
      モンゴル学科アカデミー・考古学研究所所長 
      第19回                  2007年2月10日(土)            参加者数:84名
             「モンゴルの遊牧文明~その発生の歴史と文化について」
             講演者:ドラム教授
       モンゴル国立大学・遊牧文明研究センター長、言語学博士」 
      第18回                  2007年1月5日(金)              参加者数:120名
             「ウランバートル市のゴミ問題~環境にやさしい社会の実現に向けての提言」 
             講演者:ジャルガルサイハン氏 
      第17回                  2006年12月16日(土)           参加者数:120名
             「馬頭琴とその魅力」
             講演者:ウヤンガ氏 モンゴル馬頭琴交響楽団演奏者
       
      2005年度
      第16回                  2005年6月21日(火)              参加者数:データ無し
             「モンゴルにおける家畜感染症」
             講演者:バトスフ氏 家畜感染症センター
      第15回                  2005年 6月17日(金)             参加者数:データ無し
             「日本からのソフト開発受託の可能性」
             講演者:オトゴンバヤル氏 USI社
       
      2004年度
      第14回                   2004年11月25日(木)           参加者数:データ無し
             「モンゴルの高等教育について ~なぜ数学を学ぶのか~」
             講演者:アマルザヤ氏 モンゴル国立大学
      第13回                   2004年9月17日(金)             参加者数:データ無し
             「しのびよる足下からの環境汚染」
             講演者:加茂義明 モンゴル技術大学
      第12回                   2004年6月21日(月)             参加者数:データ無し
             「モンゴルの若者に贈る『学問のススメ」
             講演者:ジャルガルサイハン氏 
      第11回                   2004年4月9日(金)               参加者数:データ無し
             「日本の電気事業の歴史」
             講演者: 中隈清豪 JICA専門家 
      第10回                   2004年2月6日(火)               参加者数:データ無し
             「モンゴルのバイオテクノロジーの発展性について」
             講演者:E.アマル 農業大学教授
       
      2003年度
      第9回                     2003年10月21日(火)           参加者数:データ無し
             「モンゴル経営とモンゴルビジネスの将来」
             講演者:元山芳彰 JICAシニアボランティア
      第8回                     2003年9月12日(火)             参加者数:データ無し
             「モンゴルの有用植物をめぐる現状」
             講演者:J.バトフー モンゴル国立大学助教授 
      第7回                     2003年6月27日(金)             参加者数:データ無し
             「モンゴル鉄道の歴史と未来」
             講演者:三浦良宣 JICA専門家 
      第6回                     2003年3月27日(木)             参加者数:データ無し
             「モンゴルの牧畜業の現状」
             講演者:鈴木由紀夫 JICA専門家
      第5回                     2003年2月21日(金)             参加者数:データ無し
             「モンゴルの銀行事情について」
             講演者:田中新三 JICA専門家
       
      2002年度
      第4回                     2002年12月23日(月)           参加者数:データ無し
             「モンゴルと日本の地質的な歴史」
             講演者:高橋裕平 JICA専門家
      第3回                     2002年11月29日(金)           参加者数:データ無し
             「モンゴルIT産業の発展の可能性」
             講演者:井出博之 JICA IT教育専門家 

      第2回                     2002年10月30日(水)           参加者数:データ無し
             「モンゴルでの貿易金融」
             講演者:久保田優 JICA専門家 

      第1回                     2002年9月6日(金)              参加者数:データ無し
             「モンゴルの野生生物と持続可能な発展の世界」
             講演者:坪内俊憲 JICA専門家 
  • モンゴル・日本人材開発センターフォーラム
    • 目的: モンゴル・日本人材開発センターの主要な事業目的の一つはモンゴルと日本両国の友好関係及び相互理解を深めることです。相互理解事業の一つとして
      モンゴル・日本センターフォーラムを開催してきました。 
      モンゴル・日本人材開発センターフォーラムはモンゴルの現状、そして直面して課題、解決策を探ります。

      特徴:    モンゴルの日本の有職者、行政官、研究者と一般市民も交えて自由に意見交換します。

      対象者:    ー般市民、モンゴル滞在日本人
      現在までモンゴル・日本センターフォーラムを計6回開催しました。

      第六回 フォーラム 2007年3月22日                    「モンゴル市場経済発展と中小企業振興への挑戦的課題」
      講師(所属先):
      1. ソドバートル モンゴル通商産業省副大臣
      2. ニャムサムブー モンゴル経団連会長
      3. 稲垣富一 モンゴル・日本センター所長
      4. オチルホヤグ チンギスビール社長兼カイゼン協会会長
      5. ムンフチョルーン Deren Auto Service社長(4期生)
      6. トェブデンドルジ ハーン銀行ウランバートル市貸付部長
      7. ウランバートル市商工振興担当代表
      参加者数: 76名
      第五回 フォーラム 2006年3月17日                    「モンゴルの地方開発~地方教育の 現状と課題」
      講師(所属先):
      1. ネルグイ 教育文化科学省教育局 般教育か専門員
      2. 笹井宏益 元JICA専門家
      3. ナズゴリ E-Channel局教育担当
      4. エルデネ ゴビアルタイ県代表者、
      5. チョローンバートル ザウハン県代表者、
      6. オユンチメグ ウムヌゴビ県代表者、
      7. センゲドルジ スフバートル県代表者
      参加者数: 93名
      第四回 フォーラム 2005年3月18日                   「モンゴルの地方開発~地方 経済の活性化の観点から」
      講師(所属先):
      1. ザンダンシャタル 国家大会議議員
      2. 清水武則参事官 在モンゴル日本大使館
      3. チョイジルスレン 元バヤンホンゴル・アイマグ知事
      4. R.ダグワドルジ ゴビアルタイ県代表者、
      5. O.ガンホヤグ ドンドゴビ県代表者、
      6. B.ミャタブ ウムヌゴビ県代表者、/li>
      7. M.アンフバヤル ウブス県代表者
      参加者数: 111名
      第三回 フォーラム 2003年12月11日                  「ウランバートル市への人口 流入・集中の問題」
      講師(所属先):
      1. P.ガンスフ 教育文化科学省財政経済局局長
      2. A.ソロンゴ 国立総合大学人口問題研究所
      3. Ch.バヤンチメグ UB総計局局長
      4. J.ゲレルチメグ UB市役所転入転出担当官
      5. N.ナランゲレル 社会保障労働省人口社会保障局
      6. 松本節子 JICAモンゴル事務所企画調査員
      7. 富原崇之 JICAアジア第一部/ 元モンゴル派遣青年海外協力隊隊員
      参加者数: 73名
      第二回 フォーラム 2003年6月21日                   「市場経済化の中の牧畜 ~流通のための組織化について考える」
      講師(所属先):
      1. ビネー食糧農牧省政策実施調査局 政策計画部部長
      2. マトムンフ 農業大学家畜経営学部部長
      3. 森真一(有)IMG代表取締役
      4. 松田昌裕 全国農業協同組合 中央会総務企画部番査役
      5. バトムンフ NAMAC副総裁
      参加者数: 37名
      ミニ フォーラム 2003年1月18日                      「市場経済化の中の農牧業における諸問題」
      講師(所属先):
      1. A.エンフ・アムガラン 政策研究センター所長
      2. S.バケイ 農産業大学副学長
      3. 鈴木ユキオ JICあ専門家
      参加者数: 37
      第一回 フォーラム 2002年6月22日                   「グロバルゼイションと モンゴルの国つくり」
      講師(所属先):
      1. 松原正毅 国立民族学博物館教授
      2. 安田靖 拓殖大学国際開発部教授
      3. N.バヤルトサイハン議員 国家大会議予算常任委員会委員長
      4. 笹井宏益総括研究官 国立教育政策研究所
      5. N.ベグズ 国立教育研究所所長
      参加者数: 158
  • 日本のODA
    • 日本政府が実施している発展途上国への支援は「政府開発援助(ODA)」と呼びます。モンゴル国における日本のODAは1977 - 1979年の「ゴビ(GOBI)」カシミヤ工場建設に始まり、今ではモンゴルの最大援助国になっています。

      どうして日本はモンゴルを援助していますか?
      1990年代以降、モンゴルが民主化及び市場経済化に向けた改革を進めているため。
      モンゴルの安定と経済の発展は、周辺地域における政治的、経済的安定にとって重要であるため。
      内陸国であるとともに市場経済体制の移行期にあり、経済基盤の未整備、貧富の差の拡大等の課題があることから援助需要が大きいため。
      日本はモンゴルにおいて以下の5項目を援助重点分野として活動しています。
      産業振興のための経済基盤及び条件整備 (エネルギー、運輸、通信)。
      市場経済移行のための知的支援、人材育成。
      農業、牧畜業振興。
      基礎生活支援 (教育、保健と医療、水供給)。
      自然環境保護。
      日本の技術協力を紹介します。
      専門家派遣。2001年までに合計339人の専門家が派遣されています。
      研修員受入れ。2001年までに合計842人の研修員を受け入れました。
      青年海外協力隊派遣。2001年までに合計94人の青年海外協力隊員が派遣されています。
      シニアボランティア。2001年までに合計10人のシニアボランティアが派遣されています。

      日本の開発調査。
      エルデネット地域資源開発調査。
      第4火力発電所改修計画支援開発調査。
      東部幹線道路建設整備調査。
      地方通信網開発マスタープラン調査。

      日本の無償援助。
      初等教育施設整備計画 (第3期)。
      第4次村落発電施設改修計画 (第2期)。
      ウランバートル市道路整備計画 (第2期)。
      第1次鉄道線路基盤改修計画 (第2期)。
      消防機材及びメンテナンス・ワークショップ 改善計画。
      1999 - 2000年の冬季、モンゴルでは30年振りと言われるゾドが発生し、家畜240万頭以上が死亡する等多数の牧民とモンゴル経済に大きな打撃を与えた。日本 政府はこのゾド及び2000年夏に発生した深刻な干ばつ災害に見舞われた同国に対し、約10.4億円の緊急無償援助を実施した。